カレンダー(月別)

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

ウェブマスチャ~

Author:ウェブマスチャ~
2017年度情報部を担当するのはアイビー&道明寺コンビです!
みなさんに部内の様子を知っていただけるよう頑張ります!


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

2部紹介!!!!とリハーサル

こんにちは!道明寺です。今年も定演前にテストが重なる魔のシーズンが到来し、部員たちに様々な影響を出しながら過ぎ去っていきました。まぁ僕は平気でしたけどね?(震え声)

ついこの間秋の風物詩、六甲祭があったかと思えば、ついにリハーサルが行われてしまいました。リハーサルが行われたということは!そう!!
定演1週間前です!!!(このリハーサルは二日前に行われたものです。)
というわけで今回はリハーサルの様子をお伝えいたしますよ~。

17リハーサル後

ステージマネージャーさんやアナウンスを担当してくださる方にもお越しいただき、まるで本番さながらの緊張感でリハーサルが行われました。緊張感ありすぎて焦って崩壊しかけたり僕がソロ失敗しかけたりと色々ありましたが、失敗を経験し、本番にフィードバックするためのリハーサルみたいなものです。できなかったこと、わからなかったことを本番までに確認し、適度に焦りつつも気負わずやっていきましょう。

ちなみにリハーサル中の写真は撮り忘れたので、リハーサル後の椅子の写真を載せています。部員の姿は各自で脳内補完してくださいね。

リハーサル後には今回の定演のパンフレットが配られました!

17パンフ
my new gear...

毎年多分に身内ネタが含まれているパンフですが、作者の意図と指揮者の想いが汲み取れる曲紹介や、美麗なイラストに定評のある回生紹介などなど、KUMCのことを知らない人でも楽しめるようなコンテンツ満載の一冊となっております!

個人的には、アクアリズムの曲紹介を読んだ後に表紙と裏表紙を開いて眺めてほしいですね。行く川の流れは絶えずして...

演奏会にお越しくださる方々は是非ご自分の目でお確かめください。

それではここで、前回から始まりました定演の曲紹介に参りましょう。今回は2部の指揮をされます、こまりさんに曲紹介を書いていただきました!こまりさんの2部への溢れ出る想いをお聞きください。



 はじめまして。あるいはお久しぶりです。二部で指揮を振らせていただきます、こまりです。
さて、二部の曲紹介を始める前に、まずはマンドリン属の奏法について簡単におさらいしたいと思います。
マンドリン属は二つの奏法を用いて演奏することが出来ます。
一つは、同一音を急速に細かく反復させることで長音を表現するトレモロ奏法と、もう一つは、弦を音符の頭だけはじくツップ奏法(ピッキング奏法)です。

二部で演奏する2曲は、どちらもこのようなマンドリン属ならではの奏法とクラシックギター・コントラバスの特長を最大限に生かして演奏することができる曲となっています。
お聴きになる皆様には、ヴァイオリン属によるオーケストラや吹奏楽では表現できない、マンドリンオーケストラだからこそ表現できる音の響きを、存分に楽しんでいただけるのではないでしょうか。

次に、それぞれの曲について詳しく紹介したいと思います。
1曲目に演奏するのは、末廣健児さん作曲の「ARSNOVA組曲 Ⅰ.Lento espressivo」です。

誰かに向けた愛情ある眼差しを音楽にしたら、こういう感じになるのだろうなと思います。
そういう温かみや優しさが詰まった美しい曲です。
お会いしたことはありませんが、作曲者である末廣さんのお人柄の良さを感じます。

曲の序盤と終盤では、各パートがさらに2つのパートに分割されて多層的なハーモニーを奏でながらゆったりとしたメロディーを豊かに歌い上げ、8分の6拍子で軽快さをもって時に可愛らしく、時にエネルギッシュに進む中盤部分との対比が耳に心地よく響きます。

2曲目に演奏するのは、丸本大悟さん作曲の「杜の鼓動 Ⅳ 桜の風景」です。
個人的な話になってしまいますが、私がこの曲を知ったきっかけの一つが、昔何気なく過去のブログをさかのぼっていた時に見つけた以下の文章でした。

「・桜の風景
美しい曲です、流れるようなフレーズ
日本人好みの非常に聞きやすい曲だと思います。
随所随所で入るそれぞれの楽器のソロは、この曲の醍醐味の一つ!
最後にすべての楽器が重なりあう様子は、まるで桜吹雪のよう
ほんとうにきれいで美しい曲です。

綺麗な桜の風景には美しい空や土があるわけです
そんなあたりまえの風景があるから桜が美しく見える
ラストは「土」担当のベースでした。」

2013年の神マンでこの曲が演奏された時に、当時の情報部の方が曲紹介としてブログに書いた文章です。今ブログをさかのぼってみるとまだ残っていました。
マンドリンオーケストラの曲をまだ全然知らない1回生頃の自分が、この曲紹介を見て桜の風景という曲をとても聴いてみたくなったことを思い出して、ここに再掲してみました。

「4年前の神マンで桜の風景を聴いたよ~」という方もいらっしゃるかもしれませんが、演奏する人が違えばおのずと演奏される音楽も変わります。今年のメンバーも最高です。
是非私たちが作り上げた「桜の風景」を聴きにいらしてくださいね!



なんとこの曲紹介、執筆を依頼した次の日の朝に送ってくれました。情報部もその執筆スピードを見習いたいものです。
今回の演奏会がこまりさんのラストステージとなります。こまりさんの人柄を表すような、繊細かつ優しく大胆な指揮にもぜひ注目してください。

定演ビラ2017
↑クリックで拡大できます。

神戸大学マンドリンクラブ第62回定期演奏会
日時:2017年12月16日(土) 開場 17:30 開演 18:00
場所:伊丹市立文化会館(東リいたみホール) 大ホール 

※ビラと開催場所の名前が異なりますが場所は同じです!

【1部】
指揮:高松鮎美
序曲 幸福の星 G.Frendo
綺想的間奏曲 A.Amadei
地図と青の軌跡 高橋啓介
【2部】
指揮:小西真梨
ARSNOVA組曲 Ⅰ.Lento espressivo 末廣健児
組曲 杜の鼓動 -桜の風景- 丸本大悟
【3部】
指揮:高松鮎美
絵本の旅 本間ユウスケ 
アクア・リズム 藤掛廣幸

それでは部員紹介です!今回はKUMCの花畑担当、みつです

続きを読む »

地演がやってくる

 
1年ぶり3回目にモテる男の気持ちを味わいました。バレンタインデーって最高ですね、えのきです。

春一番が吹いて、ぽかぽかの日差しが気持ちいい今日この頃。
kumcの部員の中にはやっと春休みを迎えたものもいます(白目)


さてさて、3月11日に控えたSpringConcert2017まで、残り20日となりました!




先週の金曜日は2部の企画ステージの曲を一通りさらいました。

金曜の練習頑張ったね
2部の曲タノシイイイイ


だんだんと地演が近づいてくるのを感じますね…!

2部の曲は当日のお楽しみですが、テーマは「映画音楽をめぐって」
あんな曲やこんな曲、いろんな方に楽しんでもらえる曲ばかりとなっています!

マンドリンの演奏を聴いたことがないという方も、マンドリン演奏会デビューにおすすめな今回の地演、気軽にご来場いただければと思います!




話は変わりまして、
昨日土曜日の練習にて、例年にないイベントが開催されました。

それは、「ピンクデーやったばっかりでネタだだ被りだけど地演の宣伝するためにみんなチェック柄の洋服着てきてKUMCをチェックに染めようの日」、
略して、
です!



「地演の宣伝したいのに描くことが無くてブログ更新できない」
「じゃあなんかイベント作ろう!」
という会話をしたのが金曜日の練習での昼休憩。

帰りの会で「明日チェックデーします!」
と宣伝し、次の日の練習では・・・・



当たり前のようにチェックシャツ

チェ、チェックだーーッ!!

いつもより心なしかチェックの多い練習風景でした。

ピンクデーにてピンクマスター賞(最優秀賞)を受賞した1回生女子が、上下チェックコーデで参加していました。意識高すぎぃ!!


セロべチェックすぎる
すごく…チェックです…


あまりにもチェックを着てきてくれた部員が多かったので練習後に写真を1枚。

集合写真


前日に宣伝したのにこんなにチェックが揃いました。すごーい!
ピンクデーよりも参加者が多いのは気のせい



という訳で、こんな感じの無茶ぶりにも答えられるノリのいい部員たちの演奏を聴けるのは神戸大学マンドリンクラブSpringConcert2017だけ!

ホールは広い、駅近、綺麗すぎ、の三拍子が揃っておりますよ!
皆様のご来場お待ちしております!!

すごい自然な宣伝だな~~!!(すっとぼけ)



↓↓↓


------


神戸大学マンドリンクラブ
Spring Concert 2017




chienbira2017.jpg




♪演奏曲目
~Ⅰ部~
指揮:高松鮎美
民謡"木曾節"に基く小狂想曲 池ヶ谷一郎
組曲「杜の鼓動」第一楽章「欅の風景」 丸本大悟


~Ⅱ部~
指揮:小西真梨
~ 企画ステージ “映画音楽をめぐって”~


~Ⅲ部~
指揮:小西真梨
Invierno Porteno Astor Piazzolla / 末廣健児 編
コバルトブルーの奇跡 ~旅立つ君へ~ 武藤理恵


◇日時:2017年3月11日(土)
開場17:30 開演18:00


◇場所:吹田市文化会館メイシアター




------






今回の部員紹介は~~~タント!!

続きを読む »

KUMC2017年、始動。

 

こんにちは、えのきです。
めっきり寒くなり、神戸大学付近ではうっすらと雪が積もったりもしましたね。
そんな突然の雪に、もう二度も洗濯物が犠牲になりました。



猛烈な寒さですが、kumcでは新たな演奏会に向けての練習が始まっています!


ッババン!

新指揮者様

ババンバン!

指示を出す新トップ陣

バン!!


お分かりいただけただろうか・・・。

指揮者が縮んでいることに・・・。


新トップ陣!!発足です!!


新年初練習で、2回生のトップ陣も合奏練デビューとなりました。

合奏、初めての指示出しやパー練に、慣れないながらもなぜかすでに貫禄のある2回生トッパーズ。
彼らの作る合奏が非常に楽しみです。




そんな新しいトップ陣含め、2回生運営がデビューステージとなる2017年地方演奏会、略して「地演」。

地演のビラが完成いたしました~~!ワッショイワッショイ!!



ドン!!

chienbira2017.jpg


神戸大学マンドリンクラブ
Spring Concert 2017


~Ⅰ部~
指揮:高松鮎美
民謡"木曾節"に基く小狂想曲 池ヶ谷一郎
組曲「杜の鼓動」第一楽章「欅の風景」 丸本大悟

~Ⅱ部~
指揮:小西真梨
~ 企画ステージ “映画音楽”~ 

~Ⅲ部~
指揮:小西真梨
Invierno Porteno Astor Piazzolla / 末廣健児 編
コバルトブルーの奇跡 ~旅立つ君へ~ 武藤理恵

◇日時:2017年3月11日(土)
開場17:30  開演18:00
◇場所:吹田市文化会館メイシアター


concertのページも更新されておりますのでご覧くださいね!




---



2回生は1月14日に依頼演もこなしてきました!
出演したのは南須磨公民館にて行われた、「新春の集い」というイベントです。

なんとご来場いただいたお客様は140人近くもいらっしゃったとか。
小学生のミュージックベルの団体も参加していて、私たちの前に演奏してくれました。(私たちには二度と手に入らない可愛さ微笑ましさだったと同行したチーマネは語る)


依頼演ver2017
3回生指揮者と2回生指揮者が半分ずつ指揮をしていました



2回生のみんなの依頼演を春から見てきたチーマネが、
本当にみんな上手くなってて安泰だな、と言っていました。


地演での2回生のデビュー、俄然楽しみになりますね。




---



さてさて、地演の練習も忙しい中、部員にとっての一大イベントが近づいてきました。
1月末恒例、冬季部内演奏会

学館ではその冬部演に向けて大急ぎで練習する部員が見られます。


部演に向けて
中には楽器を変えて弾く予定の部員も…


今年の冬部演は1月28日。
その日には、もう一つのイベントもあるようで…?

これは次回更新から目が離せませんね!!(大声)









今回の3回生紹介は、ふわふわ天使みにおん~


続きを読む »

定演まであと、

寒いですね、えのきです。


12月3日って何の日かご存知ですか?
そうですね、みかんの日です。
ここで神戸大学マンドリンクラブの第61回定期演奏会、と答えた方には、明石にどうしようもなく行きたくなる呪いをかけておきました。


だんだんと秋が深まり、色付いた葉がぱらぱら落ちていく様子を見ながら、部員たちは来たる定期演奏会への意識を高めています。
というかもう冬ですよ!なんですかこの寒さ!演奏会って感じがしますね!!!


なんたってあと1週間!(ブログの更新が遅れたため1週間とっくに切っている訳ですが)



延長練にもすっかり慣れ、この間はリハーサルがありました。


1128ブログ3
当日に大急ぎで譜面を貼る部員たち(だいたいトップのせい)


リハーサルではチーマネやステージマネージャーさんから演奏マナーの注意や指導を受けながら、初めて全体の流れを通しました。

初めての通しということで、1回生は幾分か緊張した面持ちでしたが、程よく緊張感がある中、リハーサルはスッ…と終わりました。

スッ…と終わりすぎて写真を撮るのを忘れたので、心の目で見てください。(かなしみ)




そしてこの前の水曜日は祝日のため、葺合文化センターでの練習となりました。
この日は1日中2部練でした。

1128ブログ2

2部練ももう残り少なくなってきましたね。




今日の練習の様子です。
あと、2回・・・!

1128ブログ1


練習はあと2回、
だんだんと増していく気合いと緊張に部員もどきどきです。





さてさて
今回は、定演2部の曲紹介を!します!



1曲目
Il vote(イル・ヴォート/「誓い」) U.Bottacchiari


どっしりしっとりしたマンドローネ、マンドセロ、マンドラと重なっていくソロから始まるこの曲。
テンポの揺れとパートの重なりがまるで高級ミルフィーユみたいな一曲に仕上がっています。
切なくぶわ、と盛り上がるポイントでは私も弾きながら心がうわーっと持っていかれそうになる時があります。持ってかれた…!
この曲ではKUMCの秘蔵っ子マンドローネくんがお目見えしますよ!厚みのある低音、必聴すぎるのでは…?
ボキャ貧すぎてこの曲の良さを伝えきれていない気がするのでこればっかりは聴きに来てください。


[指揮者さんからこの曲の紹介!]

マンドローネのソロから次々とパートが入ってくる重苦しい序奏部分。その後、全体を通じて登場するテーマが奏でられます。急き立てるように、あるいは、力が減衰するように、曲はぐるぐると変化します。時折流れる1stマンドリンを主にしたメロディがとても美しい曲となっています。




2曲目
3つのうた 吉水秀徳


その名の通り、3つの楽章に分けられたこの曲、去年委嘱曲でもお世話になりました吉水秀徳先生の曲です。
軽やかなメロディや、ババッ!と決まる力強い衝撃、加えてどこか切なさと哀愁を感じさせる流れと、楽章ごとに移り変わる曲調。
どこか日常の風景を感じながら聴いていただきたい一曲になっています。
あとソロが多いです。ソロが、多いです。(強調)
各トップ、サブトップの個性を感じ取っていただければなあなんて思ったりしています。


[指揮者さんからこの曲の紹介!]

日暮れから夜明けまでが、「黄昏のうた」、「街のうた」、「暁のうた」の3楽章に分かれています。太陽の光や夜明けの澄んだ空気を表すようなマンドリンの音色、夜の街の人々の活気が感じられるギターやベースの弾んだリズム、各パートのソロにもご注目ください。




というわけで2部の曲紹介でした!


2部は、今回の曲紹介も書いていただいた、指揮をされるワトソンさん、最後のステージとなります。
演奏だけでなく、その力強く繊細な指揮にも、ぜひ注目してください。




それでは!
↓↓みなさん宣伝を飛ばさず読むお時間です↓↓
↓↓宣伝してくださると泣いて喜びます↓↓



神戸大学マンドリンクラブ
第61回定期演奏会

◇日時:2016年12月3日(土)
開場17:30  開演18:00

◇場所:明石市民会館 アワーズホール

・JR・山陽電鉄 明石駅から徒歩15分
・山陽電鉄 人丸前駅から徒歩約10分


CxrXcwzUcAERmk5.jpg


♪演奏曲目
~Ⅰ部~
指揮:小西真梨
序曲「秋」綺想曲 H.Classens
間奏曲 S.Falbo
風のカンティレーナ 長谷川武宏

~Ⅱ部~
指揮:西坂悠生
Il vote U.Bottacchiari
3つのうた 吉水秀徳

~Ⅲ部~
指揮:小西真梨
風のシンフォニア 末廣健児
星空のコンチェルト 藤掛廣幸



‐‐‐‐



というわけで早くもあと5日!!!
…あと5日……????時空歪んだ…????

そんなこんなで部員全員焦っていたり心待ちしていたりの定演。

実はクォーター制への移行により、実は1、2回生はテスト期間と定演演直前がまるかぶりしちゃったりなんかしてるのですが、
合奏練ではすでに頼もしく、隣に座る1回生には日々驚かされています。

フレッシュな1回生の有志を見れるのはKUMCの定期演奏会だけ!!(?)
ぜひ!!ご来場ください!!!




*定演を間近に控えた部員の意気込み紹介コーナー

1回生女子「DVDに映るのに見苦しくないくらいにがんばりたいと思います!」

3回生女子「頼むから弦切れないでくれ」




それでは次回のブログは定演直前号、お楽しみにーーーー。

前期打ち上げと夏休み

更新遅くなってしまいました。照りつけるような夏の西日に免じて許してください。えのきです。


ちょっと前から大学の夏休みに入りました。
山積みのレポートや重なってくるテスト、だんだん高くなってくる気温に必死に立ち向かいながら、魔の試験期間が終わって、やっと待ちに待った夏休み、という訳です。

テスト勉強足りなかった人、当日になってもレポートが終わってなかった人、真面目に出席していたのによりによって最後の授業に寝坊した!なんて人もいるかもしれませんね。全部私です。

何はともあれ、みなさんお疲れ様でした!


と言うわけで試験期間は終わり、部活も再開されました!

試験が終わったということで、今月10日には毎年恒例の前期打ち上げも行われました!
他パートの1回生と上回生が関わる初めての公の機会でしたが、どのテーブルも笑い声が絶えませんでした。
合宿に向けてこれからどんどん緊張感が増していく練習に向けて、それぞれが英気を養いました。


また、同じ時期、8月12日に東京、タワーホール船堀にて行われた第27回全日本学生マンドリン連盟合同演奏会、通称全マンに、神戸大学マンドリンクラブから11名が参加しました。
簡単に言えば神マンの範囲が全国に拡大した演奏会のようなもので、今年は神戸大学も特別に参加させていただきました。

参加した部員は、全国から集まったレベルの高い奏者に囲まれ、とても良い経験になった!と一同が口をそろえて言っています。
詳しい様子は他大学さんのブログで紹介がされています。是非チェックしてみてください。



さてさて舞台は戻りまして神戸!

昨日は盆明け初練習ということで、久々に楽器を弾く人もいたみたいですが、久々の合奏はやはり楽しいですね。
来たる合宿に向けて一層気合が入っています!

そう、今月末から、ついに、夏合宿です。

・・・・・夏合宿といえば、部内でも演奏会に次ぐビックイベント。

情報部、今年は、

ブログの毎日更新を目指します!!デデン

眠くても指が痛くてもめげずに達成してみせます!
8月31日からは、眠る前のコーヒーと一緒に、朝のトーストに添えて、ブログをチェックしてみてください!乞うご期待!






それでは今回の3回生紹介は…、オルカ!

続きを読む »

 | ホーム |  » page top