FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2020.02.28 (Fri)

練習風景

2月ももう終わり、いよいよ3月ですね。

学館の廊下が寒くて、手がかじかみます。

廊下にもエアコンが欲しいですね。



ゴメス 2.29

こちらはゴメスです。

学館へ行くといつもいて、癒しを部員に与えてくれます。

お気に入りのベンチの上でよく寝ていますよ。





さて、今回は2月の練習の様子をお伝えします。

2月後半にはKUMCのOBである坂本さんが指導に来てくださりました。


坂本練


坂本さんには指揮をしてもらいながら、合奏で困っているポイントを教えてもらいました。


さかとみアップ


指揮者のとみぃにも指揮を教えてくださいました。

2月はいつもよりも練習日を増やし、曲を完成させていきました。

部員も多く参加して、毎回楽しく合奏できていますよ。


全体風景 2.25


本番が楽しみですね。





スプリングコンサートチラシ



神戸大学マンドリンクラブ
Spring Concert 2020


【開催日時】
2020年3月7日(土)

【開場】 
17:30

【開演】
18:00

【会場】

神戸芸術センター芸術劇場
↑こちらをクリックするとホールのホームページへジャンプします。


【アクセス】
JR「新神戸駅」から徒歩約5分

こうべげいじゅつせんた1

こうべげいじゅつせんた2




入場料無料

ご来場の際にチケットは不要です。

Ⅰ部
黄昏前奏曲
D.Berruti

狂詩曲「海」
鈴木静一

Ⅱ部
企画ステージ「KUMC 春の帽子巡り」

Ⅲ部
Paradiso
武藤理恵

降誕祭の夜
A.Amadei




16:54  |  練習  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.12.20 (Fri)

定演直前の回

今年度の冬休みは12/28から始まるのですが、もうすでに休みたいです。

高校生の頃の冬休みが一番良かったですね。

年末が迫って来ていますね。

こんにちはスピカです。皆様どのようにお過ごしでしょうか。

前回の更新が定演1週間前でした。

今回はなんと定演前日です。

なんてこった!!!

明日が定演!?

明日には明石

えらいことになりました。

落ち着いて、自分!



えー気をとりなおして、定演前最終練習を振り返って見ましょう。

ぎふとおめ

おおー人がいっぱいいますね。

最終練習日ということもありほぼほぼ全員が出席していました。

練習場所である学生会館の中では大きめの部屋で合奏だったのですが、部屋が狭く感じますね。

前に立っているのは指揮者かとおもいきや、コンマスのぎふくんです。

定演に向けて部員へ言葉をかけてくれています。

通称「ありがたいお言葉」タイムです。

ちょっと遠いですね。

ぎふくんに近寄りましょう。

ぎふより

顔文字の通りにこやかな笑顔でお話ししていました。

各回生にお願いをしていましたね。

ぎふ「1回生へとにかく大きい音を出しましょう。

2回生へ来年は運営回生なので、定演当日は先輩の動きを観察してください。

3回生へするべきことがそれぞれあるはずなので、それをしてください。

4回生へはお願いはおこがましいので、ミッションを出します。本番中に誰かを泣かせてください。

弟子、後輩、同期、自分自身だれでもいいです。」

とのことでした。

定演はぎふくんのミッションにしたがって、みんな大号泣かもしれないですね。



つづいてとみぃ

とみぃ「厳しい団体では演奏が上手くないと定期演奏会には出演できません。

しかしKUMCでは全員出演します。これはなかなか珍しいことです。

なのでみんな音をしっかり出しましょう。

では最後に緊張をほぐす方法を2年前のコンマスの伍長さんの言葉より

伍長『関節の力を抜く、顔を楽器から離す、左手は力を入れない、楽譜を先読みする』

結局基礎練ですね。4回生さんは今回で引退ですが、1、2、3回生は定演を次の演奏会に活かしましょう。」



つづいて4回生指揮者のちーぼうさん

岡部さん


涙ぐみながらの登場です。

ちー「定演の練習半年間お疲れ様でした。

2部で演奏する2、3、4回生は合奏中の私のおしゃべりに付き合ってくれてありがとうございました。

楽器には奏者の感情がのると思うので、楽しんでください。

私だけ泣いているのは悔しいので、私も誰かを泣かせたいと思います。

仲良くしてくれてありがとう〜・。(。/□\。)。・゚」

泣きながら笑いながらのお話でした。



最後に4回生指揮者のリリィさんです。

リリィさんははにかみながらのお話でした。

りりいさん

リリィ「マンドリンオーケストラの指揮をするのは、多分今回が最初で最後です。

本番では上手く弾けるようにがんばるのではなく、『私がこのステージで一番うまいぞ』と思って弾いてください。

楽しいのでそうしてください!」



以上4人の部員よりの言葉でした。

定演楽しむぞ!

ではいよいよ明日に迫ったコンサート情報です。




33.jpg

神戸大学マンドリンクラブ
第64回定期演奏会


【開催日時】
2019年12月21日(土)

【開場】 
17:30

【開演】
18:00

【会場】

明石市立市民会館(アワーズホール)

大ホール

【アクセス】
JR・山陽電鉄 明石駅から徒歩約15分

JR 明石駅を南下。つきあたり、国道28号線との交差点を左折し、東へ500mほど。


山陽電鉄 人丸前駅から徒歩約10分

山陽電鉄 人丸前駅を南下。国道28号線との交差点を右折し、西へ300mほど。


JR 明石駅からバス

JR 明石駅の東側の高架下(13番のりば)から大蔵海岸方面乗車。市役所前下車。

入場料無料

Ⅰ部
恵まれた結婚
G. Manente 中野二郎編曲

ガボットセレナーデ
A.Amadei

マンドリンの群れ
C.A.Bracco

Ⅱ部
ImpressionII
舟見景子

Planetarium
丸本大悟

Ⅲ部
スペイン組曲
C.Mandonico

高丘親王航海記
坂野嘉彦





では部員紹介です。

あだ名:げべ

パート:ギター

所属:工学部応用化学科

役職:サブトップ、渉内マネージャー


げべといえば

ジョー「大学でいつも一緒にいる友達が、教室の前の方に座ることが多いから、げべも講義の時は教室の前の席に座りがち。」

ながやま「履修取り消し期間ちゃうけと取り消ししたいってなったときおれが事務室行った時はちょっと粘ったけどダメって言われた。けどげべが行って20分くらい粘って取り消しできた。

彼は粘り強い。」

きっしー「奈良から通い朝は5時起き終電は10時台。

どれだけ過酷でも実家通いはやめず終電を逃すこともしない(以前途中で逃して朝まで公園にいたことがあるから)。

映画が好き、中でもホラー映画が特に好き。

陰で師匠のマカロンさんや弟子のえびちゃんと雰囲気がそっくりと言われてる。」



げべのホラー好きは筋金入りですね。

ホラーゲームを自作するほどですからね。

夏の合宿では肝試しの監督をしてくれました。

夏休みの3回生会議中

げべ「肝試しの話し合いするからとりあえずこれ読んで〜」

そして3回生に渡されたものがこちらです。


新聞

ん?新聞?

なんか広告とか事件の記事が載ってるなあ。

げべ「これが今回の肝試しの内容やで」

なんと彼はひとりで肝試しで使うように新聞を書いてきたのです。

すごすぎますね。

画像をクリックすると細かいところまで読めますので、ぜひご覧ください。

肝試しに関連する記事だけでなく、別内容の記事やなにやらあやしげな広告も載っていますよ。

彼の活躍のおかげで3回生旅行マネージャーは睡眠時間を削ることなく、合宿を過ごすことができました。

本当にありがとうございました。

肝試しを終えた1、2回生に感想を聞くと怖かったとみんな言っていました。

さすがホラー好き、げべプロディースの肝試しでした。


定演に向けて足台や譜面台を整理して準備してくれた彼。当日も彼の舞台係の仕事が光るでしょう。

いつもありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。


では今回はここまで。

さよなら〜

明石でお会いしましょう!


↑ちなみにこのブログで”明石”という文字の色が他と違いますね。文字を押して見ると当日便利なので押して見てください。

では!

18:07  |  練習  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.19 (Wed)

神マンリハーサル

こんにちは、スピカです。

食堂でマンゴープリンとタコライスを食べて沖縄にいる気分になりました。

沖縄行きたいですね。



さて今週の土曜日はついに神マンですね。

そのリハーサルがこの前の日曜日に行われました。

場所はもちろん県大のホール

本番さながらのリハーサルをすることができました。


リハ


いやーいつ見ても立派なホールですね。

当日を除くと他大学と合わせられる最終日だったので

みんな気合が入っていた気がします。

あと一週間で本番という事実に直面した部員たち

気合も入りますよね。




入退場の練習もしました。

一列に並ぶと人数が多いので最後尾がホールの後ろのほうまで伸びていましたよ。

本番も入退場がうまくいくといいですね。

私も足台を倒さないように気を付けます。



いつもは1,2部は別々の場所で練習していますが

リハーサルでは他大学が演奏しているのを聴くこともできました。

すてきな演奏でしたよ。

うっとり聴き入ってしまいました。

桜が名前につく曲はなんだかエモい曲が多い気がします。




ホールの2階に上って写真をパシャリ

リハ上から

上からだと舞台上の様子が全部わかりますね。

ドラの最後列の彼はどこを向いているのでしょうか。

エアコンをつけたのでそちらが気になったのかもしれませんね。



今年は4回行われた県大練も先週で終わってしまいました。

なんだか寂しいですね。

あとは本番を残すのみです。

ではコンサートの詳細はこちらです。





神戸学生マンドリン連盟
第41回合同演奏会



神マンチラシ




【開催日時】
2019年6月22日(土)

【開場】 
17:30

【開演】
18:00

【会場】
神戸文化ホール 大ホール

神戸市営地下鉄
「西神・山手線」「大倉山」駅より徒歩1分
→西1番出口より右手すぐのところにあります。

JR「神戸」駅より徒歩10分
→中央口改札を出て左にある北出口から北へ進んでください。

各種私鉄 「高速神戸」駅より徒歩8分
→東口改札を出て右にある楠公出口から北へ進んでください。

神戸市営地下鉄
「海岸線」<夢かもめ>「ハーバーランド」駅より徒歩12分
→出口1と表示された方向へお進み頂きJR神戸駅から北へ進んでください。


入場無料

【第Ⅰ部】神戸大学 甲南大学

リリカルマーチ(秋山行雄)
桜色の幻影(末廣健児)

【第Ⅱ部】兵庫県立大学 武庫川女子大学
桜舞い散る小径(武藤理恵)
森の逍遥(E.Alessios)

【第Ⅲ部】合同ステージ
潮騒(加賀城浩光)
雲の行方(柴崎利文)






本番まであと数日

部員たちが練習の結果を披露する機会です。

ぜひみなさんお越しください!




最後に部員紹介です。


あだ名:えっちゃん

パート:2ndマンドリン

所属:工学部応用化学科

役職:2ndサブトップ 渉外マネージャー(神マン副委員長)

師匠:伍長さん

弟子:タタン

出身:石川県

あだ名の由来:本名がえつこ→えっちゃん



えつこさんは週末にある神マンの副委員長です。

委員長は県大の方なので神大での責任者ですね。

神マンの段取りや準備で活躍しています。

ありがとうございます。

今の彼女の願いは神マンが成功することです。

無事成功しますように!



えっちゃんといえば

KUMCパーカーがお気に入り

新歓の時期や合宿でよく着用されるのがKUMCパーカーです。

しかし彼女は普段着としてよく着ています。

新歓の時期ではなくKUMCパーカーを着ている女性がいたら彼女です。

本人曰く裏起毛がついていて温かいので気に入っているらしいです。

いいですね。



石川出身というと能登?田舎なのでは?と思われますが

彼女は金沢出身です。

田舎育ちではないので気をつけましょうね。

「あたしの地元は石川やけど田舎じゃない」

えっちゃんからの注意です。



疲れた疲れたといいながら

神マンの仕事をこなしていく彼女を尊敬しています。

ありがとうございます。

今週末でお仕事も一区切りですね。

よろしくお願いします。




では今回はここまで

神マンでお会いしましょう

さよなら~
12:14  |  練習  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.17 (Mon)

県大練

こんにちは

最近急に雨が降ってずぶぬれになってしまいました、スピカです

梅雨の訪れを感じますね

今回は県大練について書きますね



神戸学生マンドリン連盟の演奏会では4大学が集まります

わたしたちはいつも学生会館で練習していますが

神マンの時期は兵庫県立大学にいきます

それでは少し時をさかのぼって今年初の県大練です

県大

兵庫県立大学です

青い空と看板の色がマッチしていますね




坂

県大に入っていく部員たちの様子

やや坂を上ります

神大と比べて駅から近いし坂はなだらかだしいいなあとくるたびに感じます

2回生は初めての県大だったので駅で集合してからみんなでいきました

ちょっと遠足みたいですね




ホール

とてもきれいで立派なホールです

ホールで演奏すると部屋で弾くのとはちがって遠くに音を飛ばそうとするのでいいですね

演奏会はホールで行うのでとてもいい練習になりました




午前からの練習なのでみんなお昼ご飯を買ってきます

それぞれ違うところで買うのかと思いますが

みんなが手にしているのは同じ黄色い袋です

それがこちら

パン

ここのパンはとってもおいしいです

パン屋
帰り道に撮ったパン屋さん

練習に行く前にどのパンを買うのか迷うのが楽しいですね

わたしは食パンにはまっていて食パン一斤を朝ごはんとお昼ご飯にしました

食パンをそのまま食べているとなんで?と聞かれますが

おいしいのでぜひ皆さんも一斤買いしてみてください

素朴な味にはまるはずですよ





そんなこんなで初回の県大練は終わりました



それでは演奏会の宣伝です




神戸学生マンドリン連盟
第41回合同演奏会



神マンチラシ




【開催日時】
2019年6月22日(土)

【開場】 
17:30

【開演】
18:00

【会場】
神戸文化ホール 大ホール

神戸市営地下鉄
「西神・山手線」「大倉山」駅より徒歩1分
→西1番出口より右手すぐのところにあります。

JR「神戸」駅より徒歩10分
→中央口改札を出て左にある北出口から北へ進んでください。

各種私鉄 「高速神戸」駅より徒歩8分
→東口改札を出て右にある楠公出口から北へ進んでください。

神戸市営地下鉄
「海岸線」<夢かもめ>「ハーバーランド」駅より徒歩12分
→出口1と表示された方向へお進み頂きJR神戸駅から北へ進んでください。


入場無料

【第Ⅰ部】神戸大学 甲南大学

リリカルマーチ(秋山行雄)
桜色の幻影(末廣健児)

【第Ⅱ部】兵庫県立大学 武庫川女子大学
桜舞い散る小径(武藤理恵)
森の逍遥(E.Alessios)

【第Ⅲ部】合同ステージ
潮騒(加賀城浩光)
雲の行方(柴崎利文)





神戸文化ホール 大ホールは大きくて立派なホールなので本番演奏するのが楽しみです

ぜひ皆さんお越しください



つづいて部員紹介です

今回は神マンの1,3部で指揮をするとみぃです

あだ名:とみぃ

パート:ギター 指揮者

所属:工学部情報知能学科

役職:資料部

弟子:アンジェ

出身:奈良県

あだ名の由来:本名がひでよし→とよとみ→とみぃ

とみぃはあだ名の表記にこだわりがあるらしく

「ブログのやつ強いて言うなら
とみー でもなく
トミー でもなく
トミイ でもなく
トミィ でもなく
とみぃ でお願いします」

というLINEを送ってくれました

ちゃんと、とみぃにしたから安心してね

とみぃといえば

オールマイティーで仕事ができる

指揮はもちろん編曲だってお手のものです

朝ドラの曲弾きたいねんと伝えるとすぐ編曲してくれました

すごすぎる

いつもありがとうございます




一瞬で寝る(情報提供コンマスとドラトップ)

寝ようと思うとすぐ寝れるらしいです

明るくてテレビがガンガンついている部屋でもすぐ寝たそうです

よく寝るからいつもはきびきびしているのでしょうか




動きがコミカル

指揮をしているうごき移動するときのうごきが全体的にコミカルです

ディズニーアニメのキャラクターみたいだなと私は思います

ドラトップ曰く、指揮に卓球のストロークを利用しているらしいです

そうなのでしょうか

卓球経験者の方はストロークがどの部分に生かされているのかを見てみてくださいね



仕事もできて面白い彼は部員みんなから愛されています

これからもよろしくおねがいします





では今回はここまでです

さよなら~





11:40  |  練習  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2018.12.15 (Sat)

定演が今年もやってくる


みなさん、こんばんは~~
情報部マチルダです!


怒濤のブログ連投ウィークもついにフィナーレを迎えます。

今日も元気に参りましょう。



突然ですが、明日は何の日でしょうか?


このブログを読んでくださっているみなさんなら、分かっていただけないと困ります。


遂に明日、12月16日…


神戸大学マンドリンクラブ定期演奏会が行われます!




ハァ~~~~(言葉にならない気持ち)



定演看板

看板もできた!



師範とマネージャー

師範、それを見守るマネージャーのお仕事



パンフもできた!

定演パンフ

パンフ係の汗と涙の結晶、ここにあり(たぶん)



明日に向けて、運営回生を中心にこまごまとした準備がなされてきました。

抜群の日程でホールの予約をかすめ取ってくれた人、ポスターをもって駆けずり回ってくれた人、たくさんお金を数えてくれた人、当日の流れで頭をいっぱいにしている人、
などなどなどなどなどなどなどなどなどなどなど

ここにあげきることは出来ないほどたくさんの部員たちの尽力によって
演奏会が支えられていることを運営回生になってつくづく実感します。

定演の曲の練習を始めた7月が昨日のように感じられますが、いつの間にかもう半年近く経とうとしているという事実。
月日の流れは恐ろしく速いですね…
本当に困ったなぁ




そんなこんなで今日は本番前最後の練習日でした。

最後の合奏

そわそわ




おかべ引き


運搬が終わった後には、前日恒例の有り難いお言葉をいただきます。




ありがたいおかべ

コンミス、チー坊のお言葉
いつもの明るい笑顔と力強い言葉に励まされちゃいます


ありがたいデミオ

Ⅰ・Ⅲ部指揮者デミオくんのお言葉
「心配するために舞台に上がるわけじゃないので」という言葉が印象的でした。

たしかに…!


ありがたいマカロンさん

Ⅱ部指揮者マカロンさんのお言葉

一生ついていきます…!


皆さん自分の言葉で、演奏会に対する思いを語ってくださいました。
とにかくこの演奏会を楽しんで、ということをお三方共通しておっしゃっていたと思います。

楽しんでいきたいですね、本当に。




というわけでダメ押しの宣伝です。



《神戸大学マンドリンクラブ第63回定期演奏会》

第53回定演ビラ

↑クリックで拡大できます


2018年12月16日(日)
開場:17:30  開演:18:00
入場無料
高槻現代劇場大ホール
 にて
(阪急「高槻市駅」より徒歩5分 / JR「高槻駅」より徒歩12分 )


【第Ⅰ部】 指揮:松田佳樹
序曲「魔女の谷」 (F. Menichetti)
間奏曲「瞑想」 (G. Manente)
虹色の情景 (村松健太郎)

【第Ⅱ部】 指揮:高松鮎美
光る朝 (小林由直)
組曲「杜の鼓動」第三楽章-街の灯- (丸本大悟)

【第Ⅲ部】 指揮:松田佳樹
雪空のファンタジア (鳫大樹)
序曲「謝肉祭」 (A. Dvorak / 末廣健児 編曲)



部員一同、みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております!




では、ここでⅠ・Ⅲ部の曲紹介を挟ませていただきます。
以下、指揮者のデミオ君です

ーーーーーーーー

書いている途中に二部の曲紹介あがっていました。
マカロンさんほどいい文章は書けませんが、読んでくださるとありがたいです。

1.魔女の谷
 原題は「La Vallée Maudite」。フランス語は分かりませんが、他にも「呪われた谷」や「悪魔の谷」と訳されています。名前の通り暗く始まるこの曲は、宗教的に恐ろしいものというよりかは、人が自然に恐れるものを描いているような気がします。中世のヨーロッパで森の近くに住んでいる人たちのイメージ。勝手なイメージですが。
 地方演奏会に続き最初が暗い曲になってしまったのですが、僕としてはこの演奏会で一押しの曲です。

2.瞑想
 二曲目は一曲目と打って変わって明るさを基調とした曲になります。穏やかなテンポで伸び伸びとしたメロディーのこの曲は、遠い日を想うときのような、あるいは二度寝をしようとしているときのような満たされた気持ちで心此処にあらずといった曲調になっています。

3.虹色の情景
 一部のトリ曲は虹色の情景です。この曲は大きく分けて優しい表情の部分と活発な動きを見せる部分の二つに分かれています。作曲者は優しい部分を大切な人を想うこと、活発な部分を虹の七色を表現したのでしょうか(詳しくはパンフ参照)。
 またキャッチ―な曲でもあるので、きっと印象に残るかと思います。

4.雪空のファンタジア
 この曲は題名通り、雪をモチーフにした曲です。一言で「雪」といっても見る人聞く人によって考えることは異なってくるでしょう。激しく強く、繊細でか弱い。そんな「雪」の多彩な姿を表した曲となっています。次から次へと曲調が変化していくことからもその様子がうかがえることでしょう。

5.謝肉祭
 大トリはドヴォルザークの謝肉祭です。謝肉祭とは宗教的な節制の前に行う行事のことで、何日かにわたってどんちゃん騒ぎをします。食べ飲み、歌い踊り、大いに騒いで節制の備えとしました。本曲でもその喧噪と活気が十分に表現されていると思います。神大の大人数でお送りする謝肉祭をぜひ聴きに来てください。

ーーーーーー

二記事にわたって指揮者さんたちに紹介していただきました。
読んで分かっていただけるとおり、ボリューム満点の演奏会になっています。


マンドリン音楽がお好きな方にはもちろん、聞いたことがない方にも、ぜひぜひ聴きに来ていただき、マンドリンオーケストラの魅力を存分に味わっていただければと思います。


12月もすでに半分が過ぎ去り、寒さは日に日に増していく今日この頃ですが、
演奏者も指揮者さんも、聴きに来てくださった方々も、みんなが温かい気持ちで家路につけるような、そんな演奏会になればなぁと私は勝手に思っていますよ。



はい!定演前日の内容はここまでです!



と、いうわけで部員紹介のお時間ですね。
今回ご紹介するのは〜〜〜〜どんす!



あだ名 : どん(どんす)
パート : ドラ
役職 : ドラトップ、内マネ
出身 : 長野県
学部 : 文学部
弟子 : はやお
口癖 : 「嘘でしょ⁉︎」



どん、別名「人誑し(ひとたらし)のどんす」

彼女と出会ってしまったら出来るだけ早く逃げることをお勧めします。
楽しくお喋りでもしようものならもう最後。
あなたはもうすでに誑されています。



なんだか物々しい雰囲気で始めてしまいましたが、どんすはどこにでもいるような、ただの女子大生ではありません。

彼女、ただならぬ女子大生なのです。





その人当たりの良さ、恐らく人類最強(私調べ)


何でもない話題を振ってもまるで自分のことのように共感してくれる聞き上手でもあり、

どのような場のノリにも合わせる適応能力を備えています。

ドラトップとして、また内マネとしても凄まじく仕事が早く、

加えて、同じテーブルの人のコップに神経を走らせ、空くとすかさず水を注いでくる
「茶注ぎのどん」としても名を馳せています。




同じドラパート、学部も同じということで、どんすとはかなり長い時間を過ごしてきた自信がある私ですが、個人的に


一回生時代の第一印象
 「人当たりよくて気遣い上手、まさに聖人の類」

個性が見え隠れし始めた二回生時代※後述
 「ただの面白い人」

トップとしての誠実な仕事ぶりを目の当たりにした三回生時代
 「まじ聖人」

このような印象の変遷があります。


中でも、二回生時代に露見しだしたどんすの個性的な面については言及しておきましょう。

まずは彼女の足元にご注目。
ジーンズにスニーカー(山登り大学生は必須)が基本装備ですが、いつもその間からド派手な柄の靴下を覗かせています。

僅か10センチほどの隙間から強烈なこだわり、攻めの姿勢が伺えます。


それに加えて、食に対するこだわりも非常に強いご様子。
好物の芋並びに栗、かぼちゃに対する並々ならぬ愛情は他に類を見ません。

ちなみに、どのような料理でもソースは基本要らない派で、コシのあるうどんが苦手なんだそうな。



このように、聖人としての人物像から垣間見える絶妙なこだわりこそ、どんすの魅力の最たる部分なのではないかと私は思うのです。


冒頭では逃げろと警告しといてなんですが、
そんなどんすにみんなで誑される、それもそれで良いかもしれませんね。


22:19  |  練習  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT