カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ウェブマスチャ~

Author:ウェブマスチャ~
2017年度情報部を担当するのはアイビー&道明寺コンビです!
みなさんに部内の様子を知っていただけるよう頑張ります!


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

定演の曲名あれこれ

どうもてらです
そろそろブログもネタ切れだったりして....
ということで、1回生から聞かれたりしたちょっとしたミニ楽典シリーズ第1回(2回目はあるのか!?)
今回は今度の定演で演奏する曲コーナー

今回はそれぞれの「曲名」についてクローズアップしてみることにします
楽典に興味がないあなたも、自分の演奏する曲の意味くらいは知っておいた方がいいのでは?

楽典...音楽のさまざまな仕組みを学ぶ分野


Q,「Lola序曲」の序曲ってなに、Lolaって誰

某ギタパ男子「序曲って何、最初にする曲?」

そだね
オペラとか劇とかの開幕前に演奏したり
組曲の最初の曲だったりするよ

まぁ、現在ではちょっと意味が変わってたりするけど基本的にはそんな感じだね



追記
原義といては上記の通りなんですが
どうやら現在のマンドリンオーケストラの世界での「序曲」
は、とらえかたが広がっているようで
導入的な本来の意味ではなく「自由な発想に基づかれた(一楽章形式の)音楽」くらいの意味で
とらえられていることも多々あるみたいです。



某ギタパ男子「ローラって、誰? ウフフ~のローラしか知らない」

俺も知らない、調べると
「ローラ・モンテス」っていう美人の舞姫で
城を傾け、王冠を奪い、名誉を、財産を、鮮血を、男を思うがままに翻奔した

らしいよ、その舞姫をモチーフにしたのがこの曲らしいね
だから、弾くときは、軽やかな舞を感じながら弾かないとね

某ギタパ男子「盆踊り?」
それは「姫」なのか、ちょっとあやしいなぁ

Q、「マンドリンオーケストラのための4章アレグロ」4章とアレグロって何

某ギタパ男子「さすがにそれは分かる」

いわゆる、「組曲」ってやつ
いくつかの楽曲を連続して演奏するように組み合わせ並べた曲のことだよ
ちなみに水野真人さんの「マンドリンオーケストラのための4章」はこんな感じ
第1章「行進曲」、第2章「妖精」、第3章「ファンタジー」第4章「アレグロ」
それぞれ曲調違うから、一回聞いてみたらどうかな
ちなみに僕は1章もけっこう好きです

「アレグロ(allegro)」は、みんな知ってると思うけど
「速く」っていう意味のテンポ記号だよ
だいたい「4分で 120~168」くらいかなぁ

某ギタパ男子「幅ありすぎじゃね?」

そこはまぁ、曲によって、さじ加減をですねぇ.....

Q、「祝典行進曲 恵まれた結婚」行進曲

某ギタパ男子「さっきの1章でも言ってたけど行進曲って、行進するだけ?」

そうだよ基本的には行進するときに使う曲でいわゆるマーチ(March)だね

某ギタパ男子「そんだけ?」
しいて言うなら、行進するんだから基本的に2拍子か4拍子とかしか存在しなくて
元気がいいってとこかな
3拍子とか暗い曲じゃ行進できないでしょ?



Q、「海の嬉遊曲」の嬉遊曲って何

セロトップ「そういや嬉遊曲もちゃんとした形式なんだよ」
某ギタパ男子「そうなん!?」

単純に言うと「ディヴェルティメント」ってやつ
日本語では「喜遊曲」「嬉遊曲」って訳することが多いけど
明るく軽妙で楽しく、深刻さや暗い雰囲気は避けた曲風の曲を指すらしいね
あの曲の全てが軽快かと聞かれるとちょっと悩むところもあるかもだけれど....



追記
嬉遊曲について、こっちも原義としては上記の意味ですが
現在は意味が広がって、「複数楽章」からなる自由な形式の器楽曲
くらいの意味でつかわれることが多いそうです

※器楽曲...楽器だけを使って演奏する曲



おまけ



Q、「樹魂の歌」のフーガって何....

某ギタパ男子「フーガ(fuga)ってなに!」

フーガ(fuga)」を紹介する前に、ちょっと「カノン(canon)」っていうのについて説明するけど
「カノン」っていうのは簡単に言うと童謡「かえるの合唱」の輪唱みたいに
どこかのパートがあるフレーズを弾くと
それを追いかけて別のパートが同じフレーズを演奏する曲だったり技法のことなんだけど

フーガはそれの発展系みたいな感じで
他のパートが最初のフレーズを移調して追いかけたり、同じ調で追いかけたり
カノンよりももっと自由にいろんな形で追いかけることができるわけ
簡単に言うとこんな感じかなぁ




曲名でもこんなにあるんだから、それこそもっと細かくいくと
それこそ終わらないので今日はこのあたりでおしまい!
あんまり楽典って
勉強しないかもしれないけど
せっかくクラシック系の部活に入ったんだし
勉強してみると面白いじゃないかなぁ
と、定演の曲名から見る、楽典の話でした


では、今回の人物紹介は
我らがピンクマスター!
おいもちゃん!

続きを読む »

 | ホーム |  page top