FC2ブログ
2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.25 (Mon)

神マン!


6月が終わりを迎えようとしています。
かくも信じがたい事実を目の当たりにして、私はただ狼狽えることしかできません。
私の5・6月はどこに消えてしまったのか。真相は深い闇の中です。


皆さん、私が誰だか覚えておいででしょうか。
おひさしぶりですね。情報部のマチルダです。
いきなり物々しい雰囲気で始めてしまいましたが、近頃時空の歪みを感じることを除けば私はいたって元気です。気を取り直して本題に参りましょう。


6月17日の神戸学生マンドリン連盟合同演奏会はたくさんのお客様にお越しいただき、無事終了いたしました!

今回のブログでは、演奏会一日の様子を中心にお伝えしていきたいと思います。
(神マンの練習については相方が先に書いてくれています、またブログを見返してみてくださいね)


ちょうど第40回目の今年の演奏会は、芦屋市民センターのルナホールにて開催されました。
luna-hall

梅雨の時期まっただ中で雨の予報が多い今日この頃ですが、この日は一日通して気持ちよく晴れていました。
絶好のマンドリンコンサート日和というわけですね。
本番に挑もうとしている私たちの背中を、お天気が後押ししてくれているような気持ちになりました。


rehearsal
rehearsal2
午前中のリハーサルの様子。

大きなホールで演奏できるのがみんなちょっとばかり楽しそう。
いつもとは違う音の響きと、そこはかとない緊張感が混じり合う落ち着かない雰囲気に包まれて、今日が本番なんだなあとぼんやり実感しました。
トップ陣も楽しそうな部員たちの例にもれず、客席まで行って音を聞いてみるなどしてはしゃいでいるのが印象的でした。


つづいては楽屋の様子です。

dola
先輩の訪問を今か今かと待つ某パート。

coifueur
こちらのパートでは髪のセッティングにも余念がありません。

okabedolin
こちらはコンミスのドリン。適当に弦を張り替えたら星形になったのだとか。このままソロ弾いたんかな。

そんなこんなであっちゅう間に本番が始まります。

舞台上での時間は一瞬のうちに過ぎていきました。ほんとに一瞬でしたね。
今まで触れて来ませんでしたが、この演奏会に出演するのは現2回生、3回生なんですよね。
つまり今回は、2回生にとっては師匠たちのいない初めての本番、私たち3回生にとっては入部してから初めて経験する先輩のいない演奏会だったわけです。
演奏面でも運営の面でも不安を感じることは多々あったと思うのですが、2回生として、また運営回生として、それそれ去年よりも逞しくなった皆さんの成長が見られて、じわじわっと心に残る演奏会になりました。
また特筆すべきは、この本番に向けて早い時期から準備してきてくれた神マン委員の圧巻の仕事ぶり。本当に本当にお疲れ様でした。

最後になりましたが、演奏会にご来場いただきました皆様、並びに演奏会運営に携わり、応援してくださった皆様に対しましては、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました!
OBOGさんの暖かいご声援も嬉しかったです。とてつもなく力になりました。
(あとこっそり見に来てくれた弟子、とてもありがとう)
聴きに来てくださる方々があってこその演奏会です。
私たち3回生がいなくなっても神マンはきっと不滅ですので、来年もぜひぜひ足を運んでいただけると幸いです。

終演後に「本番楽しかった」という声をたくさんの部員から聞くことができたことも喜ばしく思いました。
やっぱり演奏会は楽しくなくちゃですね。
次に待ち受ける大きな本番は、半年後の定期演奏会です。
新歓期からの怒濤のスケジュールは神マンが終わってやっと一段落という感じですが、ななんと今週からいきなり定演の練習待ったなし!(!)
次も楽しかったと思える演奏会にするために、これからまた頑張っていきたいところですね。

というわけで、今年の神マンリポートは以上です!


そしてそして次の本番と聞いて気になっておられた方、お待たせいたしました!
ここで次回の定期演奏会の宣伝をさせていただきたいと思います。

《神戸大学マンドリンクラブ 第63回定期演奏会》

定演ビラ
・とき:2018年12月16日
・ところ:高槻現代劇場大ホール

プログラム
(第Ⅰ部)指揮:松田佳樹
・序曲「魔女の谷」(F. Menichetti)
・間奏曲「瞑想」(G. Manente)
・虹色の情景(村松健太郎)

(第Ⅱ部)指揮:高松鮎美
・光る朝(小林由直)
・組曲「杜の鼓動」第三楽章-街の灯-(丸本大悟)

(第Ⅲ部)指揮:松田佳樹
・雪空のファンタジア(鳫大樹)
・序曲「謝肉祭」(A. Dvorak)

ちなみに入場は無料です。
今年の12月16日のご予定はぜひ空けておいてくださいね。空けておいてくださいね!
皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げております。

無事に定演の宣伝を終えたところで、部員紹介に移りたいと思います。
今回も情報部の相方紹介になります、第2回目はリリィさんです!

あだな:星野リリィ
あだなの由来:彼女の激推しアニメ「輪るピングドラム」の登場人物名で探すも断念→アニメのキャラクター原案が星野リリィさん→星野リリィ!
パート:ベースパート
所属:武庫川女子大学生活環境学部
出身:兵庫県
役職:ベースパートトップ、運搬係、情報部
弟子:モネちゃん

リリィやんを紹介するに当たってまず書いておきたいこと。
それは彼女の隠し持っている圧倒的末っ子気質です。
彼女の人懐っこい雰囲気に絆されて、その手のひらの上で転がされてきた先輩は数知れず。
かく言う私もリリィやんにコロコロされている一人であると自覚しています。
彼女特有の絶妙にゆったりした口調で話しかけられたら最後、ちょっとだけ朝に弱くっても、あと選曲会議に出してくれる曲がちょっとだけ難しくっても、全部ひっくるめて彼女を許してあげたい、そんな思いに抗えなくなります。
なんて恐ろしい子…!

このように甘え上手な彼女ですが、最高にイケメンな一面も持ち合わせています。
なんてったって彼女はベーシスト。
個人練習中たまに見つめてしまいますが、ベース歴9年目のさすがの風格を漂わせて楽器を弾く姿、やっぱりめちゃくちゃ格好いい。
私の拙い文章ではリリィやんの魅力を表現しきれず無念ですが、いわゆるギャップがあると言うよりか、可愛いと格好いいが混ざり合ってできているのがリリィやんであると考えてもらえればいいと思います。(伝われ)

可愛くて且つ格好いい。こんな女の子、ずるすぎません?ずるすぎる。現場からは以上です。
スポンサーサイト
02:24  |  演奏会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.11 (Mon)

新しいことたくさん


ある雨の日に楽器運搬で、ベースを持ったまま滑って転んだ過去を持つのが私です。リリィです。
見ていた先輩の第一声が「ベース大丈夫?!」でした。
間違いない。(大丈夫でした)


梅雨入りしましたね!
蒸し暑い日々ですが、私たちの活動場所である学生会館では7月に入らないと冷房がつけられません…
心なしか楽器倉庫の除湿器の水を捨てる頻度が高くなったような気がします。
湿気は楽器にも良くないので早く梅雨明けして欲しいです~



さてさて、この一か月の間にたくさんのイベントがあり、怒涛の勢いで過ぎ去ってきました…!

今回は5月にあったイベントをお伝えしていきます。
少し長めの記事ですが、最後までお付き合いいただけると幸いです。





まずは、新歓についてです。


私たちマンドリンクラブ、5月18日を入部締め切りとし新歓を終了しました!

新歓イベントに来てくれたたくさんの新入生ありがとう!
新歓イベントの企画や準備をしてくれた内マネさん、ありがとう!




そして!



気になる新入部員ですが…


ドリン 7人
ドラ  3人
セロ  3人
ギター 5人
ベース 2人


全員で、20人の新入生が入ってくれました!



新入生2018
New Face !!



マンドリンクラブを選んでくれて本当にありがとう…!
これからよろしくお願いします!!


1回生~4回生、全員で約90人となりました!

実は、他大学のマンドリン部と比べてKUMCは人数が多いです。
他大学のマンドリン部は、全学年で20人前後というところは珍しくないようです。

大人数での演奏が聴ける私たちの演奏会、行くしかないですね!(実にナチュラルな流れの宣伝)




1回生が入部したということは、私たち3回生には…


弟子が!できます!!

弟子!!




弟子とは

3回生が師匠、1回生が弟子の師弟を組み、決まった先輩から楽器を一から教えてもらえる制度のことです。
もちろん楽器以外の部活のことも色々教えてもらえます。


師弟が決まると、師匠から教えてもらいながら一緒に練習する「師匠練」を始めます。


初会師匠練
ギタートップによる師匠練



師匠と弟子はこの先ず〜っと変わらず長い付き合いになるので、これからどんどん仲良くなっていきたいです。







新歓が終わりましたが、それでは今部活では何の練習をしているでしょうか??


ヒント:合同演奏会、県大練、神マン









少し難しいでしょうか…?



いつもブログを読んでくださっている皆さんなら、もう分かりましたね!




私たちは今、
神戸学生マンドリン連盟合同演奏会
通称『神マン』
に向けて練習しています。

今年でなんと第40回を迎えます!




神マンとは、神戸の大学3校が集う合同演奏会のことです。
武庫川女子大学さん、兵庫県立大学さんと一緒に演奏します。


合同演奏会ということで、練習ももちろん合同で行われます。

それが、先ほどのヒントの中にも出ていた「県大練」です!
その名の通り、県大さんでの練習のことですね~



県大練
/ いざ、県大練! \

県大きれい
ほどよい緑と綺麗な建物

県大練
駅前のパン屋さんが美味しい!と評判で、県大練の日は店内が部員たちで溢れています。

県大ホール
神大での練習が申し訳なくなるぐらい綺麗なホールで練習させてもらっています…!



神マンの練習が始まってから、3回生トップ陣は合奏中に指示出しをしたり、意見を言い合ったりしていて、だんだん軌道に乗り始めたように思います。
その代によって雰囲気が変わってくるので面白いですね~





ということで、神マンの詳細がこちらです
↓↓↓↓↓




神マン2018

神戸学生マンドリン連盟 第40回合同演奏会
日時:2018年6月17日(日)
開場:17:30  開演:18:00
入場無料
場所:芦屋市民センター ルナ・ホール 大ホール

(JR芦屋駅、阪急芦屋川駅より徒歩7分、阪神芦屋駅より徒歩8分)


【1部】神戸大学・武庫川女子大学
指揮:松田佳樹
マンドリンオーケストラの為の4章 Ⅳ.アレグロ(水野真人)
亡き王女のためのパヴァーヌ(J.M.Ravel)

【2部】兵庫県立大学
マンドリンオーケストラのための組曲第6番(H.Ambrosius)

【3部】合同ステージ
指揮:塩崎なつみ・松田佳樹
樹魂の歌(藤掛廣幸)
劇的序楽「細川ガラシャ夫人」(鈴木静一)


みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。






弟子も決まったということで、今回から3回生紹介をしていきます!おまたせしました!


トップバッターは情報部相方、マチルダです。




あだ名:マチルダ
あだ名の由来:
アジカンが好き→代表曲「ソラニン」→ソラニンはじゃがいもの芽に含まれる成分→じゃがいもの品種→マチルダ
パート:ドラ
学部:文学部
出身地:京都
役職:ドラサブトップ、情報部、渉内マネージャー
弟子:すずめ


マチルダといえばなんといってもそのサイズ感。
つやつやのキューティクルを保持している髪と相まって、ベストオブ抱き心地。
後ろから抱きついてみるとあら不思議!ちょうど良いフィット感!

リ「身長何センチ??」
マ「149弱ですねぇ」
『弱』に並々ならぬこだわりを感じる。

このサイズ感でありながら、大きな安心感を感じさせるマチルダ。
ドラサブトップである彼女は、後ろの席からドラパートを安心で包み込んでいることでしょう。
合奏中はすごくすごく指揮を見ている印象。
だいたい暗譜してるんだろうなぁ。見習いたい。



お気づきだろうか……
ここまで「小さい」や「低身長」などの言葉を使っていないことに………


03:58  |  練習  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。