2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.08.27 (Thu)

KUMC History

皆さんこんにちは、くどうです!


夏休みいかがお過ごしでしょうか。
一部の高校ではもう2学期、なんてところもあるみたいですね。
僕はついこないだ最後の期末レポートを出し終えて
やっと夏休みです(遅


さてさて、今週の土曜日には何があるかみなさん覚えてますか??

そう、


マンドリンクラブ百周年記念演奏会!!
です!

Twitterでも度々宣伝してもらってますね。




え、この部活そんな歴史あるん?
パチこいとんちゃうぞ?
神戸大学戦後にできたの知ってんねんぞ?

そんな声が聞こえてきそうですね(聞こえてこない)

たまにはまともな記事を書きなさい。
我々が現役の時には音楽に対して云々…

ネタ路線に走り気味のこのブログに対する
OBさんのそんな意見も聞こえてきそうですね(聞こえてきそう)
悪意はございません。

というわけで、たまには真面目な話をということで
我々マンドリンクラブの歴史をかる~くご紹介しようかなと。思います。


マンドリンクラブ創部:1915年
むかーし昔、あるところに神戸高等商業学校(神大の前身です、時代ですね)に音楽部という活動団体がありました。
そこにマンドリンというナウい(死語)楽器が持ち込まれた1915年を、
マンドリンクラブ創部年としています。
ちなみにこの音楽部、当時はグリーやオーケストラなどと合同で活動していたようです。
つまりグリークラブさんや交響楽団さんと、もともと同じ部活だったということですね。
その後部として独立し、神戸高商第一回定期演奏会を1931年に開催しています。

戦時中は一時さびれてしまったものの、戦後には無事復活。
新制神戸大学となった1949年には神戸商科大学(今の県大さん)の協力で、戦後初の定期演奏会開催。
県大さんとはこの頃からのなが~いお付き合い。キョウトギンコウ!

マンドリンな部員の減少により、古典ギター部として活動した時期もありました。なんてこった。
1958年には当時の先輩方のご尽力によりKUMCとして再度復活、今にいたります。

今度の定演は第60回なのですが、数字が合わないのはこのようにいろいろ理由があるわけです。

さくっとまとめるとこんな感じです。

(100年の歩みについては今後ホームページにきちんとしたものを掲載予定です)


マンドローネ:1931年製
神大マンドリンクラブには昔から代々伝わる楽器がたくさん。
その中でも特に古いのがマンドローネ。
最近の演奏会ではあまり使われないんですが、ちょっと前まではよく使われていました。
なんと1931年製。
同じ年の第一回定期演奏会から使われているそうです。
聞いた話だと価値つけるとしたらここで軽く言えないような値段とかなんとか。
今回の演奏会ではどうやら使われるらしいですよ…??


定演でいちばん演奏された曲:交響的前奏曲
ボッタキアリの交響的前奏曲です。
名曲ですね。
合計7回演ってるとか。
いちばん初めは第11回、最近だと去年の第59回。

Spring Concertや他の演奏会含めるとまた違うかもです。


神大委嘱初演曲:19曲
なかなか多いほうなのではないでしょうか。
一覧を見てると「 」(石川透)なんて曲もあるらしく、興味深いです。
ちなみに(無題)って読むらしい。

今回の記念演奏会では、これらのうちの三曲が演奏されます。

震災復興10年、神戸の街をテーマにした
汽笛の丘 ~鳴り継ぐ想い~(柴崎利文、2005年)。

阪神大震災の復興を祈って作曲された、30分超えの大作
祈り −輝く街へ−(小林由直、1996年)。

そして東京演奏会にて初演された、神戸大学委嘱作品ベストヒット
グランドシャコンヌ(藤掛廣幸、1981年)。

どの曲も、現役もOBOGの皆様も深い思い入れがあるのではないでしょうか。
またこの3曲はストーリー性があるというか、すごく分かりやすいけど
弾きごたえがあり聴きごたえがあるというか。
土曜日に弾くのも聴くのも楽しみです。


というわけで、最後は演奏会の宣伝もしちゃいました。
今回の演奏会は先程の3曲に加え、KUMC出身の大西功造プロの独奏が聴ける曲があったり(ちなみに遠藤秀安氏に編曲を委嘱しています、つまり委嘱初演曲!)
なじみの曲でも珍しいフルート加筆版だったりと、
聴きごたえ抜群のプログラムとなっております。
現役、OBOG共に精一杯演奏します。
是非お越しください!!

神戸大学マンドリンクラブ百周年記念演奏会
日時:2015年8月29日(土) 開場13:00、開演13:30
場所:神戸芸術センター(神戸市営地下鉄・新幹線「新神戸」すぐ)
曲目はこちら
入場無料

参考文献:神戸大学マンドリンクラブ・弦友会『神戸大学マンドリンクラブ創部100周年記念誌』2015年






1記事1人の三回生紹介、
12人目は……きよしこ!!

【More・・・】

名前:きよしこ
由来:本名が「とどろき よしこ」→とどろきよしこ
学部:発達科学部人間形成学科
出身:鹿児島県
パート:マンドリン1st
役職:演奏会会計
弟子:なかぴー
特徴:ちっちゃい。
好きなもの:熊本県のアイツʕ●ⓛ(エ)ⓛ●ʔ
メインテーマ曲:きよしこの夜

きよしこといえばく◯モンʕ●ⓛ(エ)ⓛ●ʔ
鹿児島出身なのにくま◯ンʕ●ⓛ(エ)ⓛ●ʔ
彼女の周りは常にく◯モンに溢れてるʕ●ⓛ(エ)ⓛ●ʔ
自称くま◯ンが現れた当初からのファンʕ●ⓛ(エ)ⓛ●ʔ
その振る舞いにはもはや鹿児島出身のアイデンティティはないʕ●ⓛ(エ)ⓛ●ʔ

ちなみに特に好きなのはほっぺと機敏な動きらしいです。

ご当地く◯モンの増殖で
もはや熊本県関係ないことについては寛容派。
複雑な心境を抱きつつも、どこででも買えるから良いらしい。

本名はとどろき。
漢字で書くと轟。
うーんすごいとどろいてそう。
演奏会では指揮者をガン見しながら
トレモロをホール中に轟かせます。

ものすっごくどうでもいいんですけど
僕の学校からの帰り道に清荒神(きよしこうじん)って駅があって
そこ通る度にきよしこやんってなってた。

同回生からあだ名でちゃんと呼ばれる勢の一人。
なお兄弟弟子のだっくんは苗字でしか呼ばれない模様。
15:14  |  演奏会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |