2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.11.21 (Mon)

六甲祭

こんにちは、ファンタです。合宿以来の担当ですね。お久しぶりです。


さて、前回の記事の最後に宣伝が合った通り、先週六甲祭がありました。
そして、KUMCからも1回生と2回生がそれぞれお店を出店させていただきました!
どんな様子だったのか少しずつお伝えしたいなと思います!


まずは、1回生のお店から

1回生


タピオカドリンク、初めて飲んだのですが、モチモチしてました(笑)
途中で売り切れるくらいに大盛況だったようです!
お客さんがいっぱい並んでると大変だけどすごくうれしいですよね!



続いて、2回生のお店は

2回生


こちらは白玉!今年はモチモチがブームなのかな…?
しらたまに、みたらしのたれ、あんこ、黒蜜きなこの3つの内好きなものをかけて食べられるお店でした。個人的にはみたらしのたれが一番好きだったかな~
こちらも大盛況でしたね!そういえば2日目の朝に白玉を持ってくるのを忘れるといった珍事があったそうですが(笑)


まあ色々ありましたが、お店を出した人たちも楽しかったみたいでよかったです。
そして、来てくださったお客さんにインタビューしてみたんですが、おいしかった!
、また来たいですね!、白玉がいっぱい入ってる!など、ご好評いただきました!来ていただいた皆様ありがとうございます!
そんなこんなで2日間頑張って大盛況だったようです!皆さんおつかれさまです。




そして、六甲祭が終わるといよいよ定期演奏会が近づいてまいりました。
日々練習を重ねて、最高の演奏会を目指そうと思っておりますので、皆さんぜひお越しください!


ここで、定期演奏会の宣伝を再びですが、させていただきます。
神戸大学マンドリンクラブ 

第61回定期演奏会

CxrXcwzUcAERmk5.jpg



♪演奏曲目
~Ⅰ部~
指揮:小西真梨
序曲「秋」綺想曲 H.Classens
間奏曲 S.Falbo
風のカンティレーナ 長谷川武宏

~Ⅱ部~
指揮:西坂悠生
Il vote U.Bottacchiari
3つのうた 吉水秀徳

~Ⅲ部~
指揮:小西真梨
風のシンフォニア 末廣健児
星空のコンチェルト 藤掛廣幸


~information~
◇日時:2016年12月3日(土)
開場17:30  開演18:00

◇場所:明石市民会館 アワーズホール
・JR・山陽電鉄 明石駅から徒歩15分
・山陽電鉄 人丸前駅から徒歩約10分



---



【More・・・】

今回からは、3回生紹介はおやすみして、定期演奏会の曲目紹介をさせていただきたいと思います。
今回は、1部の曲目を紹介します。僕が紹介させていただくのと、指揮者からも紹介させていただきます。少しでも曲の雰囲気をお伝えできればと思います。



1曲目 
序曲「秋」綺想曲 H.Classens
この曲は、テンポのアップダウンとか変調とか強弱とかがいろいろ混ざっていて、綺麗さとか勢いとか切なさのような、曲が持つ色々な良さを混ぜ込んだような曲です。喜怒哀楽を感じられるような曲ですね。


指揮者からの曲紹介
原題は「Autome - Caprice Ouverture」。
「Caprice」は「奇想曲(綺想曲)」、また「Ouverture」は「序曲」と訳され、つまり形式を持たず、思い付いたメロディーを気ままに並べて作られた曲であるということが分かります。
コロコロと表情を変えて自由気ままに移り変わってゆくメロディーたちを楽しんで聴いて頂けると幸いです。



2曲目
間奏曲 S.Falbo
この曲は、ゆったりとしたテンポの、子守歌のような曲です。マンドリンオーケストラの特徴の一つである綺麗なメロディーを最大限に生かしたような曲で、田舎の風景みたいな感じですね。


指揮者からの曲紹介
この曲は5分に満たないほどのとても短い曲ですが、優雅で伸びやかな音楽を繊細に奏でる、とても美しい曲だと個人的には思っております。本来はマンドリン2パートとマンドラとギターの全部で4パート編成の曲でしたが、今回はそこにセロとベースの低音パートを加えた編成で演奏します。所々でパートが重なり音楽が広がっていく心地好さも感じて頂けるのではないかと思います。


3曲目 
風のカンティレーナ 長谷川武宏
最初のゆったりしたメロディーと最後の8分の6拍子の勢いのあるメロディーがきれいです。途中のアレグロのメロディーは、迫力と綺麗さの融合で、同じようなメロディーが変調しながら少しずつ膨らんでゆき、盛り上がりを見せます。全体的には、楽しさを感じさせるような曲ですね。


指揮者からの曲紹介
イチオシの曲です。曲の細部に至るまで作曲者のこだわりが感じられます。ゆったりとした部分では複雑な和声を多用してあったり、2拍子で軽快に進む部分ではメロディーを基準として各パートのリズムが緻密に組み合わせてあったりします。どのパートに注目しても面白い曲です。一つ一つのパズルのピースがぱっちりとはまるような一体感をお届けできたらと思います。



以上が1部の曲紹介です。
次回以降もお届けするので、少しでも興味を持っていただけた方はぜひ演奏会までお越しください。

(ファンタ)
01:43  |  行事  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016.11.28(月) 19:05 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |