FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.12.02 (Fri)

ついに本番

こんばんは。
レポートとテストと定演のトリプルパンチに加え、バイトと発表まで加わりました。フルコンボだドン!!
これから私のことはフルコンボえのきと呼んでください。えのきです。
これでも1回生よりは忙しくないから驚きですよね。



それでは早速ですが、ついに明日に控えた定期演奏会について、再度宣伝をしておきます。



神戸大学マンドリンクラブ
第61回定期演奏会

◇日時:2016年12月3日(土)
開場17:30  開演18:00

◇場所:明石市民会館 アワーズホール

・JR・山陽電鉄 明石駅から徒歩15分
・山陽電鉄 人丸前駅から徒歩約10分



CxrXcwzUcAERmk5.jpg


♪演奏曲目
~Ⅰ部~
指揮:小西真梨
序曲「秋」綺想曲 H.Classens
間奏曲 S.Falbo
風のカンティレーナ 長谷川武宏

~Ⅱ部~
指揮:西坂悠生
Il vote U.Bottacchiari
3つのうた 吉水秀徳

~Ⅲ部~
指揮:小西真梨
風のシンフォニア 末廣健児
星空のコンチェルト 藤掛廣幸



‐‐‐‐‐‐




続けて、最後になります定期演奏会の曲紹介をいたします!

今日はトリ、3部です!!



3部1曲目

風のシンフォニア

さわやかで勢いのある風が流れているようなこの曲、個人的には神戸の海から吹く風を彷彿とさせる気がしています。勝手に。
軽やかで迫力のあるメロディー、すごく大学生らしくエネルギッシュかつ若々しい感じがするのです!
弾いた後、聴いた後の独特の爽快感、この曲でしか味わえないのではないでしょうか。
指揮者に「140文字以内でお願い!」と言ったのに、思わず長っ!と言ってしまう曲紹介が届いたのでそちらがすべてを物語っている気がします。


[指揮者からの曲紹介!]

この曲の特徴の一つは同じテーマが何度も何度も繰返し現れてくることです。
もう1つの大きな特徴は、「弾いててとても楽しい」という声を部員からよく聞くことです。
テンポ設定が4分音符152以上のところがあったり、速弾きが続いたり、曲の難易度は高いですが、弾き甲斐を感じられる素敵な曲です。
また、中盤のテンポが落ち着く部分では、「自分にとって一番大切な何かに対する感情を表すつもりで弾いてください」とお願いしています。聴いてくださる皆さんに、ぜひ深い感動を味わって頂けたらと思います。




3部2曲目

星空のコンチェルト

マンドリン界では言わずと知れた藤掛先生の名曲。
緊張感のあるセカンドのメロディーから始まるこの曲は、ふくらみと収縮を繰り返して、例の速弾きに突入します。
駆け抜けた後、最後にもう一度繰り返される主題はパートを転々とし、最後の盛り上がりへと繋がっていきます。
大人数によりこの曲の迫力、魅力を最大限引き出せらいいなあなんぞ思っております(願望)


[指揮者からの曲紹介!]

演奏会の大トリにふさわしい、言わずと知れた名曲です!
私達の「限界」をお見せできるのではないかと思います




‐‐‐‐‐‐



はあ・・・ついに明日です、ね・・・定期演奏会・・・。
思っていたよりもずっと早い本番に、私の心臓がウホウホ言って止まりません・・・。



水曜日の練習では、最後の2部練が行われました。

2部練最終
学館で指揮を振るのはこれで最後


最後の、2部練か・・・ということで、なんだか物悲しい気持ちになるかと思いきや、
気付いたら和やかな雰囲気で練習は終わってました。

2部、ぜひ楽しみにしていてください。





今日は、学館で様々な準備が行われていました。

看板用意
演奏会でよく見るあの看板・・・!
こうやって作っているのかあ文字綺麗だなあとつい野次馬になってしまいます。

めちゃめちゃ綺麗な看板になったのでこれを見にぜひ来てください!!(?)




そして全部の練習を終えた後は・・・、

コンミスと指揮者によるありがたいお言葉・・・!!!

れいちゃんありがたいお言葉
まずはコンミスれいちゃんから。

有名な音楽漫画から演奏会の心構えを引用。なるほどなあと思うしかなかったです。(語彙力)



ワトソンさんありがたいお言葉
お次は副指揮者ワトソンさん。

指揮者としてのお言葉、心がじん、とするようでした。



こまりありがたいお言葉
最後に正指揮者こまりさん。

ありがとう、をたくさん感じました。



というわけで、部員各人は、それぞれ定期演奏会への気運を高めているところです。早く寝ようというツッコミが遠くから聞こえてくるような気がしますが気にしてはいけません。


ぜーんぶ終わって、運搬の終わった学生会館は楽器がなくなってがらん、としていました。

空の学館 ベース側

空の学館ドリン側

いつもはここに入りきらないくらいの楽器が入ってるなんて思えませんね、
運搬お疲れ様でした。

私は去年の定演直前の記事を思い起こしながら、あーいよいよだ・・・いよいよダァ・・・とこの光景を見て思うわけです。





積み上げてきた練習は半年間。
その練習時間に胸を張って、部員全員、91名が明日の演奏会に望みます。

12月3日、明石で一番、私たちが輝けますように!!


皆様のご来場、お待ちしております!

23:50  |  演奏会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |