FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.03.02 (Fri)

引き継ぎ式とかとか

こんにちは、アイビーです。
もう三月ですね。今朝学館前を通ったとき梅の花が咲き始めているのを見まして、もう春なんやねぇ〜としみじみ思いました(おじさん)

さて、Spring Concert 2018 も明日まで迫ってまして、先日相方の道明寺がお伝えしたように練習場所の学館はいつもより賑やかになっております。
そんな今日は先日行われた引き継ぎ式のこととか書いて行こうかなと思います。

KUMCには3回生なると部活を運営するために様々な役職が与えられます。
実はそういった人達がいるから、当たり前のようにいつもの練習場所を確保できたり、コンサートホールで演奏会ができたりしてるんですよね。ほんと頭が上がらないです。

で、引き継ぎ式とはその役目を終えた3回生が一年間の感想や思ったことを徒然と話す場であり、また新しく役職についた2回生の顔見せの場でもあります。

2018指揮者引き継ぎ
指揮者の引き継ぎ:
前回の記事でかなり感覚的で挑戦的な曲紹介をしたデミオ(左)と我らが指揮者マカロン(右)の写真です。
しっかり者のマカロンさんの後を引き継ぐのは結構プレッシャーだと思いますけど、自分の感性を信じて突き進んで欲しいですね。

2018内マネ引き継ぎ
内マネの皆さん:
内マネの仕事は打ち上げの準備や各種行事の買い出し、飲み会の予約など部活内のことなら全般的にやります。
彼ら無くしてKUMCは存在しないといっても過言ではないはずです。
ほんと何から何までありがとうございました。

他にもチーマネやコンマスからコンミスへの引き継ぎなども紹介をしたかったのですが写真撮るの忘れてました・・・
すみません・・・

引き継ぎ式が終わった後は3回生で2部の企画ステージのために小物を作ったり、看板を作ったりしました。
2018地演製作風景
謎の青い画用紙と画像、一体何に使われるのか?

2018地演看板
完成したSpring Concert 2018の看板

今回の2部ステージに期待ですね!ハイ!
とまあ、ちょっと地演への興味が高まったところで3部の曲紹介をしたいと思います。
今回書いてくれたのも勿論あのマカロンさんです!



1部はあんな感じでしたが3部の曲紹介は普通にやります。マカロンです。
以前からご存知の方は例のごとく冗長ですが…ご容赦ください。

3部1曲目にお送りするのは小林由直さん作曲のOver the Dreamです。
Dreamと題名にあるとおり、なんだかはっきりしない、靄のかかったようなふんわりとした優しい和音で始まります。突然ゆるんだり少し急ぎ足になったり、テンポとともにダイナミクスも不安定にゆらゆらと揺れて彷徨います。不安定さゆえにパート間で演奏のイメージを統一するのに苦労していますが、イメージの定まらない感じもこの曲の独特の雰囲気を生み出す一因となっているのではないかと思います。軽快な中間部も併せて、小林さんワールドをお楽しみください。

続いて本演奏会大トリ、チャイコフスキーの弦楽セレナーデ第1楽章です。
現在は人材派遣会社のCMで使用されていたり、過去にはN響アワーの中で使用されていたりと印象的な序奏が大変著名な1曲です。堂々たる序奏から、波が寄せては返すように音の波がうねる第1主題、速弾きにめちゃくちゃ苦労しましたが、うまく合ったときの華やかさが素晴らしい第2主題…練習期間の短いこの演奏会で奏者には無茶を強いてしまった気がするのですが、そのぶん、みんなの努力の跡と集中力が光った1曲になっていると思います。きっと部員の全力を見ることができます。

 定演と比べて練習期間は短くあっという間でしたが、定演と同じくらいたくさんの気持ちがつまった演奏会です。是非足をお運びいただければと思います。部員一同、お待ちしております。




丁寧な曲紹介をいつもありがとう!
次期指揮者にもちょっと見習って欲しいかもです笑

今回の地演は曲紹介がされた1部と3部のようなマンドリンオーケストラ曲の演奏も見所ですが、2部の企画ステージも皆さんに楽しんでいただくように馴染みのある邦楽や様々な演出を用意されています。
曲紹介はちょっとネタバレになっていしまうので割愛しますが、是非楽しみにしてください!

それでは最後の宣伝です!

SpringConcert2018ポスター


神戸大学マンドリンクラブ Spring Concert 2018

日時:2018年3月3日(土) 開場17:30  開演18:00
場所:東リ いたみホール(伊丹市立文化会館) 大ホール
アクセス:阪急伊丹駅より徒歩3分/JR伊丹駅より徒歩10分


演奏曲目
【I部】
指揮:松田佳樹
序曲 小英雄 G.Manente
月に舞う 武藤理恵
【II部】
指揮:高松鮎美
企画ステージ
『KUMCチャンネル~ある日のテレビ欄~』
情熱大陸
HANABI
めざせポケモンマスター など
他にも数曲演奏予定!
【III部】
指揮:高松鮎美
Over the Dream 小林由直
弦楽のためのセレナーデ P.I.Tchaikovsky/久保田孝 編曲

皆さんのご来場を心よりお待ちしています!!

では部員紹介です!今回は、、、くっきー!!!



【More・・・】

あだ名:くっきー
由来:高校からの持ち込み、本名の楠木(くすき)をもじったもの
学部:発達科学部
出身:奈良
パート:ドラ
役職:ドラトップ、渉外マネージャー
弟子:ぐるぐる


数少ないドラ男子の1人であり、ドラパートの現トップ。

彼は神戸大学のキャンパスで最も標高の高い発達科学部に通うことを考慮してかなり山の上の方に下宿している。
そのため練習終わりに皆が山を降りる中で、彼だけが逆に山を登って行く姿は印象深い。
本人も山の民だと自称しており、我々平地の民とは何か一線を画している様子である。

そんな山の民も山を時折降りることがあった。
それは趣味の音ゲーである。
最近は控えるようになったようだが昔は三宮のゲーセンに通っていた。その腕前は凄まじく、時折手の残像が見えるほど(誇張じゃない)
そのためかマンドラの早弾きは現コンマスを抑え部内トップと言える実力を兼ね備えている。

しかし趣味に反して、彼の最大の特徴はその可愛らしい外見である。
にこにこすると本当に愛嬌があり、依頼演などでは会場のおばちゃん達の心を奪いおばちゃんキラーとして名を馳せていた。

その特徴のせいか部内でも人望が厚く部内演奏会では引っ張りだこ状態で、過去には10団体以上に参加していた時もあった。それでいてちゃんと弾けちゃうんだからやっぱ山の民って凄い。

皆さんも山に住めば彼のようになれるかもしれないのでオススメします。僕は住みたくないです
19:53  |  挨拶  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |